【日本ハム】杉谷が豪州で“秘技”挑戦 「カンガルーパンチ」など野生動物に5変化

「カンガルーパンチ」をテーマに打力向上に励んだ日本ハム・杉谷(本人提供)
「カンガルーパンチ」をテーマに打力向上に励んだ日本ハム・杉谷(本人提供)
「ワラビーダッシュ」をテーマに走塁練習をこなす日本ハム・杉谷(本人提供)
「ワラビーダッシュ」をテーマに走塁練習をこなす日本ハム・杉谷(本人提供)
「クロコダイルゲッツー」を磨く日本ハム・杉谷(本人提供)
「クロコダイルゲッツー」を磨く日本ハム・杉谷(本人提供)
「コアラワーク」をテーマに豪州自主トレ中に周囲とコミュニケーションを取る日本ハム・杉谷(本人提供)
「コアラワーク」をテーマに豪州自主トレ中に周囲とコミュニケーションを取る日本ハム・杉谷(本人提供)

 日本ハムの杉谷拳士内野手(28)が19日、「Be Beast(野獣になれ)」をテーマにした豪州自主トレの詳細を明かした。ネット上では“野球のうまい芸能人”といじられるトーク力を生かして、現地の野生動物に絡めて5つの“秘技”に取り組んだと説明した。

 〈1〉カンガルーパンチ 「カンガルーのように強く、ボールをパンチできるように」とインパクトの瞬間に力が最大限伝わるよう意識。長打力アップを目指した。

 〈2〉ワラビーダッシュ 「ワラビーは止まった状態からパッと動ける」と野生の動きを参考に「素早く、力感なく走る」。俊敏性アップが狙い。

 〈3〉クロコダイルゲッツー 「ワニのように重心を低く、獲物を捕らえるように打球を捕る」。低重心での素早い動きを意識し、打球処理の時間短縮を図る。

 〈4〉シャークスライディング 「サメのように狙った場所に強く鋭く滑り込む」と、無駄のないスライディング技術を習得する。

 〈5〉コアラワーク 「コアラのように温かい目で後輩を見守る」。12年目の中堅として、チームが潤滑に機能するための役割を担う。

 この日は千葉・鎌ケ谷の2軍施設で帰国後初の自主トレ。各秘技は「未完成」だが「いい練習ができた」とニヤリ。札幌ドームに勝利の咆哮(ほうこう)を響かせる。(小島 和之)

「カンガルーパンチ」をテーマに打力向上に励んだ日本ハム・杉谷(本人提供)
「ワラビーダッシュ」をテーマに走塁練習をこなす日本ハム・杉谷(本人提供)
「クロコダイルゲッツー」を磨く日本ハム・杉谷(本人提供)
「コアラワーク」をテーマに豪州自主トレ中に周囲とコミュニケーションを取る日本ハム・杉谷(本人提供)
すべての写真を見る 4枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請