【札幌】GK具“ラストイヤー”兵役前に歴史作る

タイ・チェンマイでのキャンプでセービング練習する札幌GK具。奥は赤池GKコーチ(写真提供・コンサドーレ)
タイ・チェンマイでのキャンプでセービング練習する札幌GK具。奥は赤池GKコーチ(写真提供・コンサドーレ)

 J1北海道コンサドーレ札幌GK具聖潤(25)が、“ラストイヤー”に最高の結果を残す。タイキャンプ中の札幌は19日、初のオフを過ごした。具は、兵役のため、今季限りで韓国へ帰国する事が濃厚。2015年の加入から定位置を守り続ける具は「自分にとって最後の1年になるかもしれない特別な年を、無駄にはしたくない。新たな歴史を作りたい」と、今季にかける思いを切り出した。

 最も強調したのは、北海道に対しての感謝だった。「札幌に来て自分の人生が本当に変わった」。前所属のC大阪では公式戦の出場はなし。「そんな僕をチームメートもスタッフもサポーターも信じてくれて、優しい言葉をかけ続けてくれた。雪も降って寒い土地だけど、人は本当に温かかった。大好きな北海道から今までもらった愛を、タイトルとACLという形で返したい」。そう感情を言葉にした。

 個人としても明確な目標を立てている。リーグ戦出場は昨季までで計166試合。「今年、34試合全て出たら200試合になる。これまで出場試合数以下の失点に抑えた事もないので。2つを達成して韓国に帰りたい。そして2年間、人間としてもっと成長して、また札幌に帰ってきたい」。具がより存在感を示す1年が、来月幕を開ける。

サッカー

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請