平原が大会7度目のV 3年ぶり地元記念制して「本当にうれしい。最後まで自分らしく走れた」

7度目の大会制覇を成し遂げた平原康多
7度目の大会制覇を成し遂げた平原康多

 大宮競輪G3東日本発祥71周年「倉茂記念杯」決勝戦が19日、第12Rで行われた。平原康多(37)=埼玉・87期=が先行した岩本俊介―岡村潤の3番手確保から直線一気に差し切って優勝。賞金363万円を手にした。平原は今年の初優勝を飾り、記念の優勝は昨年8月西武園以来、通算21度目。2着は岡村、3着は直線で鋭く伸びた岩津裕介が入った。平原は「なかなか地元記念を勝つのは簡単ではないので本当にうれしい。逃げた岩本君の掛かりがすごくてタイミングを見極めるのがたいへんだったが、最後まで自分らしく走れた。次の全日本選抜でも頑張りたい」と3年ぶりの地元記念Vに笑顔がはじけた。

ギャンブル

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請