箱根10位の東洋大に進学する松山和希が区間タイ 青学大入学の佐藤一世は3位 全国駅伝5区

都道府県駅伝1区でスタートする選手たち
都道府県駅伝1区でスタートする選手たち

◆全国都道府県対抗男子駅伝 (19日、広島市平和記念公園前発着=7区間48キロ)

 一般(社会人、大学生)2区間、高校生3区間、中学生2区間の計7区間48キロで争われ、高校生の最長区間の5区(8・5キロで、前回、初優勝した福島の松山和希(学法石川3年)が、23分55秒の区間タイ記録の激走で、41位から14人ゴボウ抜きで27位まで挽回した。松山は2009年大会に長野・佐久長聖の村沢明伸(現日清食品グループ)がマークした区間記録に11年ぶりに並んだ。今春、松山は今回の箱根駅伝で10位だった東洋大に進学。同じ学法石川出身で、箱根駅伝2区区間新記録をつくった相沢晃(4年)の後継者として期待される。

 5区では群馬の石田洸介(東農大二高2年)が区間2位。青学大に進学する千葉の佐藤一世(八千代松陰)は区間3位だった。

 中学生区間の6区終了時点で長野がトップ。2位に兵庫、3位に京都が続いた。4位は埼玉で、マラソン前日本記録保持者の設楽悠太(28)=ホンダ=が2年ぶり2度目の優勝に向けて、トップで21秒差でスタートした。

 高校生が担う1区(7キロ)では、宮城の吉居大和(仙台育英3年)が19分46秒の区間新記録で区間賞を獲得。2003年の松岡佑起(京都・洛南、現大塚製薬)、05年の佐藤悠基(長野・佐久長聖、現日清食品グループ)が持つ19分51秒の区間記録を5秒更新した。今春、箱根駅伝12位の中大に進学予定の吉居をはじめ5人が区間新記録をマークした。

 同じく高校生区間の4区(5キロ)でも、埼玉の唐沢拓海(花咲徳栄3年)が14分7秒で区間タイ記録をマーク。2013年に兵庫・須磨学園の秋山雄飛(現中国電力)が2013年大会でつくった区間記録に並んだ。唐沢は今春、駒大に進学する。

 中学生区間5区(3キロ)では長野の吉岡大翔(川中島中)が8分22秒、京都の柴田大地(桂中)が8分28秒で、松山が栃木・大田原中時代の17年につくった8分29秒の区間記録を更新した。

 箱根駅伝に出場した210選手中177人(84・3%)が履いたナイキの厚底シューズ「ズームXヴェイパーフライネクスト%」を今大会でも多くの選手が使用。区間新記録が連発した箱根駅伝同様に好記録ラッシュとなった。

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請