【阪神】原口、がん療養の地でチャリティーラン開催「帰ってきたい場所」次回開催も意欲

自らが主催したチャリティーマラソンに参加した原口
自らが主催したチャリティーマラソンに参加した原口

 阪神・原口文仁捕手(27)が大会実行委員長を務める「第1回 原口文仁 チャリティーラン フェスティバル」が18日、和歌山・すさみ町で開催された。昨年1月末に大腸がんの手術を受けた後、療養の時間を過ごした思い出の地に、168チーム、913人が集結。1周1キロのコースをタスキリレーで3時間走り、周回数を競った。収益の一部は、がん研究などに活用される予定だ。

 原口「1年前から準備期間があって、緊張も不安もありましたけど、多くの人たちの表情を見て開催してよかったなと思います。結果で皆さんに恩返ししたいです」

 笑顔づくしの再スタートとなった。阪神OBの狩野氏、浜中氏とタスキをつなぎ、沿道の声援を受けながら1キロの道のりを快走。2年ぶりに参加する春季キャンプを前に力をもらった。「自然豊かで、帰ってきたい場所です。(来年以降の開催も)その気持ちは大いにあります」と次回開催にも意欲。「命には限りがある。元気なうちから自分の体を大切にしてもらいたい」と呼び掛けた。

 大病から復帰したとはいえ、昨季は43試合の出場にとどまった。当然、満足はしていない。お立ち台には2度上がったが「(今季は5回くらい?)少ないですね。頑張ります」と誓った。がん経験者の希望の星。決めゼリフ「必死のグッチ」を聖地に何度も響かせる。(中村 晃大)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請