大穴候補(栗東)

 こんにちは、山本です。今日は愛知杯が行われている小倉に来ております。ということで、久々の「フユコク」からパッチパチ。ではでは、行ってみましょうか。

 さて、昨日に小倉競馬場に入ったのですが、内装の工事が行われていたんです。ちょうど、壁紙の張り替えを行っている様子。新たな壁紙をカットして、それを壁に貼り、ローラーでしっかりと固めていく。その作業を見ていると、妙に懐かしかったりします。何度か書いてますが、ワタクシの実家は木工業。学生の頃は会社のお手伝いもしていましたから、壁紙の張り替えも行ったりしたこともある。しわがないように張るのがなかなか難しくて、苦戦した記憶があります。

 まぁ、電動のこぎりなど大きな機械を使うのは危険だから、ワタクシが行う作業は限られている。その中で要領さえつかめば、できる作業が壁紙の張り替えだったりしたんです。もちろん、ベースの部分は職人さんたちがしっかりとやってくれているんですけどね。ちなみに、お手伝いは夏休みが多かったから、肉体労働で汗をたっぷりかいた後のビールは美味しさは今でも忘れられませんよね。懐かしい。

 ということで、小倉で雨が降っていることに、久々に自省の念を抱きつつ、そろそろ本題へ。

 京都6Rでは注目の新馬戦が行われます。取材の感触でいきますと、角居厩舎の【フアナ(牝、父エイシンフラッシュ、母イサベル)】でしょうね。先週の段階から「いい走りをするし、面白い馬ですよ」と小滝助手も話していましたし、ジョッキーもいい感触を持ってくれているとのことです。

 ただ、注目度では、やはりセレクト5億8000万円の【アドマイヤビルゴ(牡、父ディープインパクト、母イルーシヴウェーヴ)】でしょう。武豊Jと「アドマイヤ」の久々のコンビでも注目を集めています。正直、当初は体が小さいこともあり、友道調教師のジャッジは慎重といった感じでした。ただ、追うごとに取材の感触は悪くないんですよね。「やるごとに良くなっているし、悪くないよ。体もメチャクチャ小さいというワケでもない」。こういう小柄な馬は追い切った後のダメージなどが心配になるんですが、在厩後は馬体がむしろ増えているようです。ただ、軽い馬場を求めて、年明けの京都まで待っていたことも確か。「あとは馬場への対応がどうかだろうね」と口にしていました。

 さて、ここからは今週のクラシック対談で触れられなかった「こぼれ話」の第2弾。実はあの中で大穴候補として、最後まで入れるか入れないか迷って、外した馬がいるんですが、それがデビュー戦で2着だった【アドマイヤベネラ(牡、父ハーツクライ)】。この馬ね、関係者を始め、乗った方々の評判が本当にいいんですよ。ただ、まだ未勝利馬の身。正直、春に間に合うかの保証もないので、紙面上は自重したのです。次戦は来週の京都芝2200メートルを、引き続き福永Jで予定。しっかりと勝ち上がって、春に何とか間に合ってほしいモノです。

 友道厩舎では母にアパパネを持つ【ラインベック(牡、父ディープインパクト)】が武豊Jとのコンビで若駒Sへ向かうことが発表されました。ただ、このレース、本来は武豊Jと【ポタジェ(牡、父ディープインパクト)】のコンビだったはず。ということで、友道調教師に聞いてみると、現状で少し調整が遅れていたようです。ただ、故障などではなく、牧場ではすでに乗っているとのこと。近いうちに復帰情報を聞きたいモノですね。

 そうそう、明日の京成杯には【ヒュッゲ(牡、父ハーツクライ)】が出走します。「今は具合がいいね。体も締まってきたし、現状はタフな舞台設定の方が合っていると思って、ここを使います」と勝負気配が漂います。もともと、「この馬は皐月賞が合いそう」と話していた馬ですし、本番前の試走でどんな内容を見せるかですね。

 あと、友道厩舎といえば、今年は【エカテリンブルク(牡、父スクリーンヒーロー)】を送り出す梅花賞なんです。実は16年アドマイヤダイオウ1着、17年インヴィクタ1着、18年エタリオウ2着、19年アドマイヤユラナスと4年連続で連対中。5年連続を狙う今年は本田厩舎の【ディアマンミノル(牡、父ダイワメジャー)】も気になるんですが、やはり最大のライバルは音無厩舎の【ヴァーダイト(牡、父ディープインパクト)】ということになるでしょう。すでに栗東に戻ってきていますが、生野助手は「大きく変わった感じはありませんが、この馬なりに少ししっかりした感じがします」とのこと。もともとが成長の遅い血統。どれだけの上積みを加えて、2戦目に臨めるかですね。

 では、ネット限定「厳選馬」をどうぞ。

小倉10R・4ショウナンナデシコ(前走は内にささり、勝負どころで何もできず。ズムーズに運べば違うはず)

 続いては馬券王への道 延長戦でございます。

小倉1R・14メイショウマコモ(初戦を見る限り、距離延長はプラスに出そう。末脚に賭ける)

小倉5R・12ワークアンドビート(前日は雨も、開幕週ならそれほど悪化はないか。2走目の上積みも大きく、狙い頃)

小倉11R・8ノボリレーヴ(前走の行きっぷりは上々。先行力の生きる開幕馬場で)

中山9R・8ハナズレジェンド(矢作厩舎でもう一丁。このくらいの距離が合いそう。スムーズにさばけば直線で台頭)

 今日はここまで、また次回です。ではでは

競馬

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請