【巨人】ソフト上野由岐子、菅野に共感「色んなものを背負った者にしか分からない感情」

日の丸と東京五輪公式マスコットキャラクターのミライトワの人形を手に、活躍を誓った(左から)ソフトバンク・千賀滉大、女子ソフトボール・上野由岐子、巨人・菅野智之
日の丸と東京五輪公式マスコットキャラクターのミライトワの人形を手に、活躍を誓った(左から)ソフトバンク・千賀滉大、女子ソフトボール・上野由岐子、巨人・菅野智之

 巨人・菅野智之投手(30)が18日、福岡県内で鴻江(こうのえ)寿治トレーナーが主宰する「鴻江スポーツアカデミー」の合宿に参加し、ソフトボール上野由岐子、ソフトバンク千賀らと合同練習を行った。

 菅野と上野は初対面。08年に「上野の413球」と呼ばれる快投で北京五輪金メダルに導き、37歳となった今も女子ソフトボール日本代表の大エースとして君臨する上野は、2年連続沢村賞など球界最高投手に君臨する菅野との交流について「菅野選手とはメンタル的な話をしたりしました。トップ、追われる立場、地位を守らないといけない立場、色んなものを背負った者にしか分からない感情。そういう感覚的な話をできたのが良かったです」と振り返った。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請