【MLB】「筒香球場」設立熱望 レイズ・筒香が和歌山・橋本市長に異例の嘆願「是非市長に球場を作ってほしいなと思います」

 DeNAからポスティングシステム(入札制度)で米大リーグのレイズに移籍した筒香嘉智外野手(28)が18日、和歌山・橋本市内で行われた「エクササイズ体験会」に参加した。昨年度より「スポーツ推進アドバイザー」を委託されている出身地の橋本市で、小学校4~6年生約100人と交流した。

 橋本市市長の平木氏らも参加した同イベント。平木市長から、イベント冒頭のあいさつで筒香には「松井秀喜選手を超えるように頑張ってほしい。今までやってきたことを信じて頑張って」とエールが送られた。

 イベント終了後、筒香は市長の言葉を返すようにして「是非、市長に球場を作ってほしいなと思います。野球をしたい子供達が野球をしたくても僕らの小さいときのように、公園とかで野球が出来ないというのが広がっているので。そういう球場があればみんな利用できますし、野球が出来て一人でも多くのいい選手が出てほしいなと思います」と訴えた。生まれ育った和歌山・橋本市に「筒香球場」が出来る日もそう遠くないかもしれない。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請