【巨人】長嶋茂雄氏、高木守道氏悼む「巨人の胴上げをじっと見つめていた表情は忘れられません」

巨人・長嶋茂雄終身名誉監督
巨人・長嶋茂雄終身名誉監督

 巨人の長嶋茂雄終身名誉監督(83)が18日、17日に急逝した元中日監督の高木守道氏についてコメントを発表した。

 「私が立教大生の時に県岐阜商高に野球を教えにいった際、守備がうまく、足も速くて、すごい選手がいるなと思ったことを今でも覚えています。中日のスタメンに名を連ねているのを見て、すぐにわかりました。華麗なバックトス、対戦相手にとっては嫌なしぶといバッティングで中日を代表する選手になりました。監督時代は何といっても、互いに死力をつくした1994年の10・8決戦です。巨人の胴上げをじっと見つめていた表情は忘れられません。野球界にとって貴重な人材を失い、残念です」

 高木さんが県岐阜商時代、当時立大4年だった長嶋さんが特別コーチとして訪問。俊敏な動きを見せる高木氏にほれこみ約1週間、徹底指導した。当時は遊撃手だったが「君、プロでやるんだったら二塁を守りたまえ」と勧め、これが二塁転向のきっかけとなった。

 94年の勝った方が優勝というレギュラーシーズン最終戦の同率決戦、伝説の「10・8」決戦では巨人の監督が長嶋氏で中日の監督が高木氏だった。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請