【巨人】吉川尚輝、岡本打撃論で開眼…今年のテーマは「ジャッカル」二塁奪い返す

合同自主トレを行った(左から)岸田、吉川尚、岡本は充実した練習を終えグラウンドでポーズをとった
合同自主トレを行った(左から)岸田、吉川尚、岡本は充実した練習を終えグラウンドでポーズをとった
巨人の主な二塁手争い
巨人の主な二塁手争い

 巨人の吉川尚輝内野手(24)が17日、“岡本塾”に入門した。岡本、岸田と共に神奈川・慶大グラウンドで自主トレ。岡本に打撃論を積極的に聞くなど、打力アップに懸命だ。

 吉川尚は岡本の豪快なフリー打撃を観察し「おぉ~!」と声を上げた。打席に入ると、触発されたかのように右へ左へ快音を響かせた。2学年下の岡本とは普段から仲が良く、今オフは時間が合えば一緒に練習を行っている。吉川尚は左打ちでタイプも違うが「フォームとか、意識しているところはどこか聞いたりしてます」。ボールを引き付けて打つこと、タイミングの取り方などを参考にしており「(岡本は)すごい人なので」と笑った。

 昨季は「1番・二塁」で開幕スタメンを勝ち取ったが、腰痛を発症して定着ならず。二塁手は固定されず、昨年は計6選手がスタメン起用された。原監督は現状で空いているポジションを「捕手、一塁、二塁」と明言。吉川尚は「去年、一昨年とチャンスをつかんだのに、けがで放してもったいないことをした。しっかりできることをアピールしたい」と気を引き締めた。

 今年のテーマを問われ「ジャッカル」とラグビー用語になぞらえた。首脳陣の信頼やチーム内のライバルに勝つことも含め「すべてを奪う…」とニヤリ。クールで気持ちを前面に押し出すタイプではないが「けがをしないことはまず一番。僕は内に秘めたる思いはあります」と心情を吐露。今年の尚輝はひと味違う。(玉寄 穂波)

合同自主トレを行った(左から)岸田、吉川尚、岡本は充実した練習を終えグラウンドでポーズをとった
巨人の主な二塁手争い
すべての写真を見る 2枚

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請