小泉孝太郎「おじさんになりました」白衣姿でおいっ子誕生を喜ぶ

白衣姿でおいっ子誕生を喜ぶ小泉孝太郎
白衣姿でおいっ子誕生を喜ぶ小泉孝太郎

 昨年8月に結婚した小泉進次郎環境相(38)とフリーアナウンサーの滝川クリステル(42)の間に17日、第1子となる男児が誕生した。この日、進次郎氏が閣議後の会見などで明らかにした。母子ともに健康。名前はまだ決まっていないという。また、兄で俳優の孝太郎(41)はこの日、東京・港区のテレビ東京で同局系の主演ドラマの記者会見に出席。おいっ子の誕生を喜んだ。

 報道陣の前に現れた孝太郎の顔はニコニコだった。主演する連続ドラマ「病院の治しかた~ドクター有原の挑戦~」(20日スタート、月曜・後10時、初回は同9時)の会見。冒頭「今日はドラマの話です」と前置きしながらも、カメラのフラッシュ攻勢に「それだけじゃ済まされないですよね」と笑った。

 「私事ですが、弟夫婦に子どもが生まれました。おじさんになりました」。家族の強い結束で知られる小泉家だけに、昨晩は病院に駆けつけるつもりで遅くまで待機していたことも明かした。

 「デジャブで不思議な感じ」―。昨年8月7日、進次郎氏の結婚発表の時も、都内で同局系の主演ドラマ「警視庁ゼロ係」の撮影中だったが、急きょテレ東社屋に移動して会見。この日と同じ部屋だった。進次郎氏のおめでたいタイミングの度にテレ東で報道対応している縁に「またこういう節目な時にドラマの制作発表をして…」と話した。

 結婚発表の時はKY(空気が読めない)刑事の役の衣装のトマト柄のシャツで対応し、話題になったが、今作は実家の総合病院を再建する院長役ということもあり白衣姿。「本気でこの姿で(滝川が出産する病院に)行こうと迷いましたが、話がややこしくなるのでやめました」と笑わせた。共演の浅田美代子(63)からは「(作中の)有原病院で産まれればよかったのに」と軽口も飛び出した。

 自身は独身。赤ん坊には「『君が生まれた時、僕は大変だったんだぞ。このドラマをやっていたんだぞ!』と言いたい」と笑顔で呼び掛けたが、「おいっ子にも胸を張って見せられるドラマなので、皆さんも見ていただけたら」としっかり宣伝も忘れなかった。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請