「ミスター・ドラゴンズ」高木守道さん死去 急性心不全78歳「10・8」GD決戦で指揮

中日監督時代の高木守道氏
中日監督時代の高木守道氏

 プロ野球史に残る巨人との「10・8」決戦で指揮を執るなど、中日の監督を2度務めた高木守道(たかぎ・もりみち)氏が17日午前、急性心不全のため亡くなった。78歳だった。中日一筋21年で歴代16位の通算2274安打を放ち、ゴールデン・グラブ3度、盗塁王3度の三拍子そろった「ミスター・ドラゴンズ」として活躍。引退後は92~95年シーズン途中、2012~13年の2度、監督も務めた。通夜、告別式は近親者のみで執り行われる。

 ◆高木 守道(たかぎ・もりみち)1941年7月17日、岐阜市生まれ。60年に県岐阜商から中日に入団。走攻守3拍子そろった二塁手として74年のリーグ優勝に貢献し、80年に現役を引退した。通算2274安打、打率2割7分2厘、236本塁打、813打点、369盗塁。引退後は中日のコーチ、2軍監督を経て86年にシーズン途中から監督代行に就任。92年から95年シーズン途中まで監督を務め、12年から再び中日の監督として2年間指揮を執った。06年野球殿堂入り。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請