【楽天】サブロー・ファームディレクターが初仕事

 楽天の大村三郎ファームディレクターが17日、監督・コーチ会議に出席。初の公式行事を終え「初めての経験。今まで選手目線でしか考えられなかったけど、監督、コーチがいろいろ考えて動こうとしていることをすごく感じました」と話した。

 これまで、外から見てきた楽天の印象については「外から見たら優勝する可能性は大。ソフトバンク、西武に勝てるのは楽天が一番近いかな」。オフには古巣ロッテから鈴木大地、涌井らを補強し「2人はよく知ってる。いい補強をしたなと思いました」と笑った。

 ファームディレクターとしては「風通しがいい組織のつなぎ役になれれば。反面教師というか、2軍で教わったことと1軍が違うということがあった。選手ファーストというか選手が戸惑わないように、そういう環境をつくっていければ」と抱負を語っていた。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請