照ノ富士が6連勝「まわしは取れなかったけど冷静になれたので」

照ノ富士(左)は、美ノ海を、寄り倒しで破る
照ノ富士(左)は、美ノ海を、寄り倒しで破る

◆大相撲初場所6日目(17日、両国国技館)

 両膝のケガと内臓疾患により10場所ぶりに十両に返り咲いた西13枚目・照ノ富士(28)=伊勢ヶ浜=が西12枚目・美ノ海(26)=木瀬=を豪快に寄り倒して6連勝。十両でただ一人の全勝を守った。

 「まわしを取って前に出たかった。まわしは取れなかったけど、右を抱えてね。一瞬、まわしに手がかかったけど、遠くてね。冷静になれたので正面に置いてね」。土俵際までジワジワと追い詰めて最後は右から振るようにして寄り倒した。

 美ノ海は鳥取城北高の後輩。「8か月ぐらいかな。一緒だったのは。最初は勝てなかったけど、8月のインターハイが終わってからは負けなくなった。(向こうも)なかなか勝てなくなったので、悔しくて、泣きながら『もう一丁』と言ってきたよ。いい稽古をしていましたよ」と懐かしそうに振り返った。

 初日から6連勝も決して浮き足立つことはない。「まあ、ちょっとずつ感触をつかめていければいい。緊張? 初日はしたけど、もう緊張していないよ」。そこは元大関の貫禄か。胸を張って支度部屋を後にした。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請