平野美宇、5回戦進出「五輪代表にふさわしい試合をしたい」

4回戦を突破した平野美宇
4回戦を突破した平野美宇

◆卓球 全日本選手権 第4日(16日・丸善インテックアリーナ大阪)

 東京五輪代表に選ばれた平野美宇(19)=日本生命=が、女子シングルスの4回戦に登場した。四天王寺高の三浦千緋呂に3―1で勝利したが「緊張はしなかったけど、思ったより細かいところでミスが出てしまったので、全日本は特別な大会だなと思いました。もっと精度を上げないと」と1ゲーム取られたことを反省した。これまでの全日本選手権では自らの目標達成のために戦っていたというが、日本代表の肩書きが加わったことで「代表としてしっかりとしたプレーをしないといけないと思うので、選んでもらったのにふさわしい試合をしたい」と表情を引き締めた。

 今月6日の代表選出の瞬間はカフェでくつろいでいるタイミングで迎えたという。ライブ中継は見ておらず、小学6年時の担任から真っ先に届いたLINEで知った。その後中継を確認し「団体なので、実力を上げてどの国のどの選手とやっても勝てるようにしたい」と気持ちを新たにした。

 同じく代表に選ばれた伊藤、石川とは発表後、今大会で初めて顔を合わせたといい「(伊藤)美誠ちゃんとは挨拶程度だったんですが、石川さんとは『頑張りましょう』と話しました」と健闘を誓い合った。昨年の全日本選手権はシングルスの5回戦で木原に敗退。今年は代表のプライドを背負って、3年ぶりの優勝を目指す。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請