SANADA、初のベストバウト受賞に「今まで大切にしてきた信念が間違いではなかった」…プロレス大賞授賞式

初のベストバウトを受賞したSANADA
初のベストバウトを受賞したSANADA

 東京スポーツ新聞社制定「2019年度プロレス大賞」の授賞式が16日、都内で行われた。

 年間最高試合賞(オカダ・カズチカ対SANADA=10月14日、新日本両国国技館大会)を初受賞したSANADA(31)は「数ある数え切れない試合があるなかでSANADAの試合がベストバウトに受賞したことは、今まで大切にしてきた信念が間違いではなかった自信になっています」と明かした。

 その上で「自信を持ってさらなる進化を続けたいと思います」と今年の飛躍を誓っていた。

 「プロレス大賞」各受賞者は以下の通り。

 ▽最優秀選手賞(MVP)オカダ・カズチカ(32)=新日本=

 ▽年間最高試合賞(ベストバウト)オカダ・カズチカvsSANADA(新日本10月14日、両国国技館)

 ▽最優秀タッグチーム賞 諏訪魔(43)&石川修司(44)=全日本=

 ▽殊勲賞 宮原健斗(30)=全日本=

 ▽敢闘賞 清宮海斗(23)=ノア=

 ▽技能賞 飯伏幸太(37)=新日本=

 ▽新人賞 ストロングマシーン・J=ドラゴン・ゲート=

 ▽女子プロレス大賞 岩谷麻優(26)=スターダム=

 ▽特別賞 青木篤志さん=元全日本、故人=

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請