大事故の桃田「しっかり治します」きょうから入院、精密検査

バドミントンの桃田賢斗
バドミントンの桃田賢斗

 マレーシア遠征中の交通事故で負傷したバドミントン男子シングルス世界ランク1位の桃田賢斗(25)=NTT東日本=が16日から検査入院したことが分かった。15日夕方にクアラルンプールから帰国。その後簡易的な検査も受けたが、この日から改めて精密検査に入ったという。日本バドミントン協会の銭谷欽治専務理事(66)は「2、3日の入院と聞いている。(所属先には)頭からつま先まで、もう1回MRI検査をしてくれるように伝えてある」と話した。結果は週明けにも分かる見通しだ。

 桃田は帰国した際、黒いキャップにサングラス、マスク姿で、眉間に5センチ弱、右顎にも裂傷があった。空港で出迎えた銭谷専務理事は「目の周りにも内出血の跡があったりしたが、落ち着いていたし、普通に話せていた」と様子を明かした。また、LINEで激励した際には「しっかり治します」と、力強い返信があったという。

 3月中旬の全英オープン(バーミンガム)での実戦復帰を目指し、協会も精神面も含めて全力でサポートしていく構え。BWF(世界バドミントン連盟)の理事でもある銭谷氏は、2月にある理事会で経験のあるドライバーの確保や、大型バスの使用など、再発防止への対策を訴えかけていく意向を示した。

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請