大藤沙月が初のジュニア女王! 世界ジュニア銀の小塩を決勝で破り「とてもうれしい」

ジュニア女子で優勝した大藤沙月
ジュニア女子で優勝した大藤沙月

◆卓球 全日本選手権 第4日(16日・丸善インテックアリーナ大阪)

 ジュニア女子は大藤沙月(15)=ミキハウスJSC=が初優勝を飾った。1学年下の小塩遥菜(14)=エリートアカデミー=を相手に、3―0のストレート勝利。第2ゲームは開始から9連続でポイントを記録するなど、昨年12月の世界ジュニア選手権の銀メダリストを圧倒。昨年準優勝の悔しさを晴らす結果に「今年は絶対に優勝するという気持ちで臨んで、優勝できたのでとてもうれしいです」と初々しい笑顔を見せた。

 相手はカットマンだったが「対策をしっかりして、それを試合でできた」と振り返った。「カットマンにはスマッシュが有効的なので、その練習をたくさんした。その練習が良かったんだと思います」と強烈なフォアハンドを何度も浴びせ、流れを渡さなかったことが勝因となった。

 この優勝は自信にはなったかという問いには「自信はあまりないです…」と遠慮がちに答えたが、将来については「東京五輪の選考は全然ダメだったけど、パリ五輪でメダルを取れるように頑張ります」ときっぱり。憧れの選手には、同じミキハウス所属で、ロンドン五輪団体銀メダルの平野早矢香さん(34)を挙げた。大藤は16日の午後から行われるシングルスとダブルスでも上位進出を狙う。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請