松島輝空、張本超えた 史上初の小学生優勝へ王手 高校生に5連勝で決勝進出

ジュニア男子準々決勝に勝利してガッツポーズする松島輝空(カメラ・矢口 亨)
ジュニア男子準々決勝に勝利してガッツポーズする松島輝空(カメラ・矢口 亨)

◆卓球 全日本選手権 第4日(16日・丸善インテックアリーナ大阪)

 ジュニア男子で松島輝空(そら、12)=木下グループ=が決勝進出を決めた。準決勝で横谷晟(愛工大名電高)に3―1で勝利。2ゲームを連取後、第3ゲームを9―11で落とし、第4ゲームも先行される展開となったが猛追。最後は2本連続でサービスエースを決めて11―7で制した。

 準々決勝でも世界ジュニア代表の曽根翔(愛工大名電高)を破るなど、これで初戦から高校生に5連勝。これまで小学生男子は、2016年に張本智和が6年生で4強入りしたのが最高成績だったが、上回った。

 ジュニアの最年少優勝記録は男女を通じて中学1年生の福原愛、男子では中学2年生の張本。小学生では初の優勝を目指し、決勝は吉山僚一(愛工大名電中)と対戦する。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請