「グレパワー沖撃ちスペシャル」を駆使、グレ数釣り満喫…串本樫野

体高ある38センチのグレを仕留めた前西さん
体高ある38センチのグレを仕留めた前西さん

 磯は今、寒グレのシーズン真っただ中。多くの名ポイントが点在する南紀では、中型の数釣りに加えて50センチ級の大型も釣れている。今回は南紀の磯に詳しい前西喜弘さん(マルキユー・インストラクター)が昨年12月中旬、和歌山・串本大島樫野に釣行。マルキユーの新しい配合餌「グレパワー沖撃ちスペシャル」を駆使して数釣りを楽しんだ。

 午前7時前、名礁「小ガツオ」に渡った。この日の天候は晴れ。しかし、断続的に強い風が吹き、磯に打ち付ける高いウネリが波しぶきとなって容赦なく足元を洗った。

 潮は西から東へ。船着きに釣り座を構えた前西さんにとっては当て潮だ。15メートルほど沖にまき餌を投入。着水と同時に白い波紋が広がった。「この配合餌は単品で使用すると白色が強調されて、めちゃくちゃよく見える」と前西さん。“目印”を目がけて仕掛けを投入。タナは2ヒロで、手前に流れてくる仕掛けが払い出しとの潮目でなじんだ。追い打ちしたまき餌が、ウキの周りで花火のようにパッと開き、ゆっくり水中へ消えていった。

 朝日を受けた背中に力がこもった。シュッと音を立て、竿が大きくしなった。やり取りを楽しむように、10メートルほど沖からグレを引き寄せた前西さん。「よっしゃ!」。開始早々、体高ある35センチのグレとご対面だ。

 風が強まると、まき餌に500ccほどの海水を追加。「風に負けないように粘り気を出したんよ」。向かい風への対策を駆使して狙ったポイントへ正確に打ち込んでいった。

 次第にウネリが激しくなり午前9時半、「平島」に移動。潮通しが悪く、魚の気配は小さかった。「まき餌に反応させて浅いタナに魚を浮かせるしかない」。前西さんは間断なくまき餌を打ち、様子を探った。

 苦戦すること約2時間。ようやく足元のシモリにグレが姿を見せ始めた。「沖でも同じように魚が浮いてきているはず」とオモリを外して遠投。ゆっくりと沈む仕掛けの後を追うように、まき餌が同調した。見事に読みが的中だ。竿が再び躍動感を取り戻し、38センチを筆頭にテンポ良く本命を仕留めていった。「よく飛んで水面ですぐにばらけるから、軽い仕掛けで沖を狙うのにうってつけの餌やね」。この時期、特に南紀では軽い仕掛けで沖の浅ダナを狙うのがセオリー。「グレパワー沖撃ちスペシャル」の特徴は、まさにそのパターンとマッチしている。

 午後3時前に納竿。30~38センチのグレ12尾をキープした。南紀をはじめ、各地の磯では今、グレ釣りシーズンまっただ中。頼もしい新製品を手に心地よい引きを味わいに行こう!

 渡船は「永田渡船」(TEL0735・65・0454)を利用。料金は1人4500円。

 ◇この日の餌 まき餌はオキアミ3キロとマルキユー「グレパワー沖撃ちスペシャル」1袋に対し、海水を1200cc加えたものを使用した。刺し餌は同社の「くわせオキアミスペシャル(M)」と「くわせオキアミスーパーハード(M)」、「くわせオキアミV9(M)」を使った。

 今回の配合餌「グレパワー沖撃ちスペシャル」は、優れた遠投性と拡散性が特徴。さらに他の配合餌と組み合わせれば一層、レベルアップが期待できる。

 例えばグレの“食い気”に訴えるなら、「グレパワーVSP」と合わせて視認性をアップさせよう。様々な有効成分が配合されている「爆寄せグレ」で集魚力強化を狙うのもお勧めだ。

 また、さらに遠投性を追求する場合は「超遠投グレ」。拡散性を重視するなら、上下に広いゾーンを作る「遠投ふかせTR」が有効だろう。

 この日は単体で使用したが、前西さんも「ほかの配合餌とブレンドすると双方の良いところを引き出せる」と相乗効果に太鼓判。詳しい水量などはパッケージの裏に記載されている。状況や自身のスタイルに合った組みあわせで釣果アップを目指そう。

メモ ◇南紀の磯釣りについての問い合わせ 餌、釣り具販売店の「フィッシングベース 海クン」(TEL0739・45・8450、代表・藤原義雄)へ。

 ◇所在地 和歌山県白浜町富田545の1。紀勢自動車道・南紀白浜ICから車で3分、国道42号線沿い。

 ◇営業時間 金、土曜と祝日の前日は24時間(ただし、予約餌の販売が終了すると午前9時まで閉店)。日中は9時に開店。木曜の日中は定休。

ライフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請