玉川徹氏、疑惑の河井夫妻の会見に「言っている内容が額面通りに受け取れない。説明責任を果たしたと思ってもらっては困ります」

テレビ朝日
テレビ朝日

 16日放送のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜・前8時)では、自民党の河井克行・前法相と妻の河井案里参院議員が15日にそれぞれ東京都内の議員宿舎で記者団の取材に応じたことを報じた。

 広島地検は案里氏の陣営が、昨年7月の参院選で車上運動員らに違法な報酬を支払っていたとされる公職選挙法違反容疑で、広島市内にある河井夫妻の各事務所などの捜索を始めた。

 疑惑は昨年10月末、週刊文春の報道で発覚し克行氏は法相を辞任した。疑惑発覚後、初めて取材に応じた克行氏は「深くおわび申し上げます。捜査には全面的に協力する」と述べた。議員辞職と離党は「考えていない」と否定した。

 また、昨年12月、「適応障害のため約1か月の療養が必要」とする診断書を提出し、国会を欠席していた案里氏も「捜査に全面的に協力する」と語った。議員辞職と離党については「そのような考えはない」と語った。また、記者から議員を「どういう思いで続けられるのでしょう?」と聞かれ「日本を変えたいからです」と述べた。

 今回の会見にコメンテーターで同局の玉川徹氏は「言っている内容が額面通りに受け取れないですよね、病気だっていうことも含めて」とした上で「なんでこのタイミングなんだろうなって会見したのはって考えると、直前に強制捜査が入っているんです。そうすると、家宅捜索が入っているということは捜査中だということです。だから、捜査中だから話せないっていう言い訳ができるのを待っていたのかなとすら僕には思える」と指摘した。

 その上で「話せないっていう理由ができたから、出てきて話している。で、話しているっていって話していないんだから。これをもって説明責任を果たしたってゆめゆめ思ってもらっては困ります」とコメントしていた。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請