ブルージェイズ・山口俊一問一答「最高峰だと思っている」「大和魂、根性でやってきた」

入団会見で大きな笑いを誘った山口(中央)
入団会見で大きな笑いを誘った山口(中央)

 巨人からポスティングシステム(入札制度)で米大リーグのトロント・ブルージェイズへの入団が決まった山口俊投手(32)が15日(日本時間16日)、本拠地のロジャーズセンターで入団会見を行った。冒頭では「ハロー、ボンジュール、コンニチハ」とあいさつをして英語のスピーチを披露。会見の中では笑いも誘って、現地メディアの心をつかんだようだった。主な一問一答は以下の通り

 ―カナダ出身で元巨人のマシソンがシュートが有効になると言っていたが、シュートをどう使って行きたいか

 「イメージとしては、右バッターのバックドアというんですか、外から入ってくるボール。また、インコースに対してもしっかり、不利なカウントからでも勝負できるところで使っていけたらなと思います」

 ―ブルージェイズと契約した理由

 「まずはメジャーリーグというところで、唯一のカナダのチームですし、ひとチームだからこその偉大さもあると思いますので、しっかり自分自身もそういうチームでプレーしたいなと思ったので選ばせていただきました」

 ―自身の夢、日本でプレーすることとの違いは

 「やっぱり一番は日本では野球と言いまして、アメリカではベースボール。全然プレースタイルも違いますし、僕の中でメジャーリーグは最高峰だと思っているので、そこで自分の中で通用するか、ブルージェイズにどれだけ貢献出来るか頑張って行きたいです」

 ―過去には救援もやったことがあると思うが今後は

 「僕自身、先発ローテーションのひと枠という所を勝ち取るつもりでキャンプは臨んでいきます。ただ、もちろんチームの役割の重要性も分かっているので、そこはしっかり臨機応変にやっていこうと思います」

 ―他の日本人メジャーリーガーと話したか、メジャーでどう適応していくために変えていくことは

 「現状のメジャーでプレーした選手と話はできていない。僕自身、環境だったり、文化が球場ごとで色んな変化が生まれてくると思うので、そういう所は対応していかないと(メジャーでの活躍は)難しいのかなと現時点では感じています」

 ―日本で救援から先発に戻った経緯は

 「1番は僕自身の初めての挫折といいますか、やっぱり抑えというポジションを外されて、それから何とかもう一度プロ野球という世界で輝きたいという気持ちが一からの気持ちで先発をしたかったというのが経緯じゃないですかね」

 ―アグレッシブに強気で投げるそうだが

 「僕は大和魂、根性でやってきたので、そこだけは負けないです」

 ―背番号1を選んだ理由は

 「まずは僕自身がずっと背負っていた11番と、1という番号を大事にしたかった。日本の場合、高校野球までは『1』がピッチャーのエース番号だったので選ばせていただきました」

 ―メジャーでの自分の調整法については

 「僕自身しっかり監督、コーチと話しあう場を設けさせていただいた中で、僕自身も変化していかないとこの場(メジャー)では結果が出ないと思っているので、僕自身も変化をつけながら柔軟に対応できたらと思っています」

 ―トロントの印象、チームメートと会ったか

 「気温はすごい寒いですけど、トロントの方は暖かいと感じています。今日、球場で何人かの選手とお会い出来て、残り3日間くらいこの場所で練習するので少しでもコミュニケーションを取って帰れればいいなと思います」

 ―メジャーでの適応の鍵は

 「1番は環境、気候の変化だと思います。カナダに来て、キャッチボールするとボールの滑りが違うので、その辺をどう克服するかをキャンプでしっかりやっていきたいなと思います」

 ―ストレートのスピードを平均150キロにしたいのは

 「球速に関しては、あくまで目標。僕自身まだレベルアップしたいですし、出来ると思っているのでそこに目標設定をして、まだパワーピッチャーとしてやっていきたい、メジャーリーグの舞台でも力で押したいという僕自身の願望があるので、目指せるところまでは目指してみようかなと思います」

 ―同じ地区のヤンキース・田中、レイズ・筒香との対戦については

 「田中投手に関してはもちろん実績もメジャーで積んだ経験も違うので、話できる機会がありましたら、これから色々参考にさせてもらえることも多いと思いますので、その中で話を聞けたらなと思います。筒香は同じタイミングでこうやって海を渡ってプレーするので、お互い切磋琢磨してプレーできればと思います」

 ―戦いたいバッターは

 「僕の中ではマーク・マグアイアで止まっているんですよ。しっかり各チームの主力打者を抑えられるように頑張ります」

 ―マグアイアで止まっていると言うことはメジャーリガーに子供の時にときめいたのか?

 「まずはメジャーリーグを見るきっかけは野茂さんがプレーしている姿を見て、こういう舞台があるのだと。物心ついたときにイチローさんが鮮明に残っていまして、野球をやる中で、世界からスター選手が集まる所でプレーしたいなと思って、今日まで来ました」

 ―父は力士だが

 「相撲に関しては、大人になるにつれて、失礼になのかもしれないけどおしりを出すのが恥ずかしくなって野球の方がかっこいいと思って野球の世界に入りました」

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請