【U23】先制弾も空砲の小川「正直、こんなに力がなかったのか、と…」

◆U―23アジア選手権 1次リーグB組第3戦 日本 1―1 カタール(15日・バンコク、ラジャマンガラスタジアム)

 すでに敗退が決まっている日本代表は、FW小川航基(22)=磐田=のゴールで先制したが、数分後にVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)判定によって同点のPKを献上。1勝もできずに大会を終えた。

 小川の見せ場は互いに無得点の後半28分。MF食野からのパスを受けると、右足を一閃。ボールは相手DFの股を抜け、ゴールネットを揺らした。

 歓喜の声をあげたストライカーは「ああやって引いてくる相手には、ミドルとか大胆なシュートが大事になると思っていた。あれはいいシーンだった」と振り返る一方、勝利に結びつかなかったことには「悔しい気持ちでいっぱいです」と厳しい表情。1勝もできず大会を終えたことに「本当にこのままではいけない。正直、こんなに力がなかったのかと、ちょっと思ってしまいますね」と動揺を隠しきれなかった。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請