ナイキ厚底シューズを世界陸連が使用禁止へ 英メディア報じる

 マラソンをはじめとする陸上長距離で使用した選手が好記録を連発しているナイキの「ズームXヴェイパーフライネクスト%」などの厚底シューズが、世界陸連により使用禁止にされる可能性が高いと英国のメディアが15日、報じた。

 ナイキの厚底シューズ第1弾は17年にデビュー。それまでエリートランナーは軽量で薄底のシューズを選ぶ傾向が強かったが、ナイキは従来の概念を打ち破るシューズを開発した。厚底にカーボンプレートが内蔵され、絶妙な反発で抜群の推進力を生む。18年に第2弾、昨年に第3弾が誕生した。昨年10月のシカゴマラソンではブリジット・コスゲイ(25)=ケニア=が2時間14分4秒で走破し、16年ぶりに女子世界記録を更新。今年の箱根駅伝では出場210選手のうち177人(84・3%)が使用し、区間新記録が連発した。

 すでに次の第4弾が完成済み。マラソン世界記録(2時間1分39秒)保持者のキプチョゲ(35)=ケニア=は昨年10月の非公認レースで「超厚底」を履き、1時間59分40秒の驚異的なタイムをたたき出した。“進化”を続ける厚底シューズに対する世界陸連の対応が注目される。

 競泳界では08年北京五輪の前に英スピード社が開発した高速水着「レーザー・レーサー」を着用した選手が世界記録を連発。その後、国際水泳連盟によって禁止された例がある。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請