【U23】森保ジャパン、1勝もできず終戦…10人の後半に小川弾で先制もPK献上でドロー

田中碧
田中碧
前半終了間際、VAR判定でレッドカードを受け退場処分となる田中碧(左)(共同)
前半終了間際、VAR判定でレッドカードを受け退場処分となる田中碧(左)(共同)

◆U―23アジア選手権 1次リーグB組第3戦 日本―カタール(15日・バンコク、ラジャマンガラスタジアム)

 すでに1次リーグで敗退が決まっている日本代表は、カタールと1―1で引き分け。1勝もできずに大会を終えた。

 序盤から自陣ゴール前で守りを固める相手に対し、日本はボールを支配しながら攻めあぐねた。最初のシュートは前半22分。MF相馬の右クロスをDF杉岡が左ボレーで合わせたが、ボールはゴール右に外れた。同44分には相馬からの浮き球の縦パスにMF田中駿が飛び出し左シュートを放ったが、惜しくも枠を捉えることができなかった。前半ロスタイムには、MF田中碧のファウルがVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)判定で一発退場に。10人で後半を迎えることになった。

 数的不利の日本は後半28分、FW小川がMF食野からのパスを受けると、右足を一閃。ボールは相手DFの股を抜け、ゴールネットを揺らした。喜びに沸くイレブンだったが、3分後の同31分にペナルティーエリア内でMF斉藤が相手選手を倒したとしてPKを献上。同点に追いつかれた。以降もチャンスを作りながら1点が遠く、最終戦で意地を見せることはできなかった。

田中碧
前半終了間際、VAR判定でレッドカードを受け退場処分となる田中碧(左)(共同)
すべての写真を見る 2枚

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請