渡辺謙「命を吹き込む」…3・13「ピサロ」で新パルコ劇場オープニング

意気込みを語る渡辺謙(左)と宮沢氷魚
意気込みを語る渡辺謙(左)と宮沢氷魚

 俳優の渡辺謙(60)が15日、新装された東京・渋谷のPARCO劇場のお披露目会見に俳優の宮沢氷魚(25)らと出席した。

 渡辺と宮沢は「ピサロ」(3月13日~4月20日)でオープニング・シリーズの開幕を飾る。渡辺にとって「ピサロ」は1985年に旧PARCO劇場で山崎努(83)と共演して注目された出世作。当時、山崎が演じたピサロ役に挑む渡辺は「35年前の作品に負けないように(客席の)イスひとつひとつに命を吹き込んでいかないといけない」と決意を示した。

 「僕の演劇人生において、エポック(画期的なこと)になる劇場」と語る渡辺は、生まれ変わった劇場内を見渡し、「喜びと緊張が、ないまぜになっている」と気持ちを高ぶらせた。宮沢は「謙さんと共演できて光栄。新たなPARCO劇場らしい作品になると思います」と意気込みを語った。

芸能

宝塚歌劇特集

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請