【尾車親方の目】遠藤、黒星も立ち合いは貴景勝を圧倒 大関夢じゃない

貴景勝(右)が突き落としで遠藤を下す
貴景勝(右)が突き落としで遠藤を下す

◆大相撲初場所4日目 ○貴景勝(突き落とし)遠藤●(15日・両国国技館)

 予感が確信に変わるような一日だった。遠藤は低い立ち合いで貴景勝を圧倒した。もろ手にも上体が起きなかった。馬力でも上回った。貴景勝の苦し紛れの突き落としで右膝から崩れ落ちたが、立ち合いからの迫力は“ニュー遠藤”でもあった。このコラムでも大関を狙えと書いたが、貴景勝を苦しめた相撲は大関も夢ではないと実感した。

 白鵬が休場して鶴竜も3敗を喫した。大混戦の初場所だが、違う景色が見えている。それは虎視たんたんと若手と中堅が主役を狙っていることだ。世代交代が確実に進行していると認めざるを得ない。貴景勝を筆頭に朝乃山、北勝富士も元気。阿炎や御嶽海も忘れてはいけない。そして正代と遠藤も新しい面を見せている。まさに20代力士のサバイバル場所。今後、稽古場で汗を流した力士が今夏あたりに主役になっているに違いない。横綱の休場と不調は残念だが、反面楽しみな場所になった。(スポーツ報知評論家)

4日目の取組結果

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請