昨年ジュニア女王・出沢杏佳 まさかの4回戦で敗退「何もできないまま終わってしまった」

出沢杏佳
出沢杏佳

◆卓球 全日本選手権 第3日(15日・丸善インテックアリーナ大阪)

 ジュニア女子で昨年女王の出沢杏佳(17)=大成女子高=が、4回戦でストレート負けを喫した。第1ゲームから4―11、7―11、5―11と元気のない敗戦に「対策とかはされていると思うけど、まずそれ以前に自分のやるべきことが何もできないまま終わってしまった。全日本前に納得のいく練習があまりしっかりできなくて、不安を残したまま試合に入ってしまった。試合でもうまくいかなくて、そのまま引きずってしまいました」と言葉をひとつひとつ選ぶように答え、悔しさをにじませた。

 ラケットのバックハンド側に突起の長い粒高(つぶだか)ラバーを使った珍しいスタイルで、昨年はジュニア女子で優勝、女子シングルスでもベスト16に入る躍進を見せた。すい星のごとく現れたシンデレラガールを卓球界が見逃すはずもなく、昨年は国際大会への出場のほか、Tリーグ女子の「TOP名古屋」とも契約した。この1年で自身を取り巻く環境が劇的に変化し「上のレベルで良い経験をさせてもらえた。力をつけることができたのかなと思います」と手応えと自信をつかんだ。

 今年のジュニア女子でも優勝候補の一角として、連覇が期待されていたが、残念な結果となり「まだ全然実力が足りなくて、もっと工夫して練習しないとと思いました。特殊な戦型で毎回毎回勝てるような選手ではないけど、これから練習して対策されても対応できるように、頭を使って頑張っていきたい」と声を振り絞った。女子ダブルスも3回戦で敗退してしまったため、残るは16日からの女子シングルスのみとなった。強敵ぞろいだが「切り替えて、できることを全部出せるように頑張ります」と出沢。この1年での成長と意地を見せたい。

スポーツ

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請