17日からパシフィコ横浜で「釣りフェスティバル」…釣りめしスタジアムを新設

幅広い層が楽しめる釣りフェスティバル(写真は昨年の風景)
幅広い層が楽しめる釣りフェスティバル(写真は昨年の風景)

 17日から3日間、「釣りフェスティバル2020 in Yokohama」(主催・日本釣用品工業会)が、横浜みなとみらいのパシフィコ横浜で開催される。これまでの「フィッシングショー」から名前を一新、幅広い層の人たちが楽しめるイベントを目指している。

 釣り具メーカーイチ押しの製品が展示されることは変わらないが、今回から「釣りめしスタジアム」と題して、釣りのターゲットとして人気の魚を素材とした料理を全国各地から集めたコーナーが設けられた。八戸前沖さばの串焼や漁港カレーのほか、金目鯛あさりラーメン、マグロカツカレーといったこのイベントのために開発された新作が提供される。

 イベントも充実。17日は、13時から2年連続でクールアングラーズアワードを受賞した三代目J SOUL BROTHERS・山下健二郎の表彰式が行われる。同日16時25分からの「Happy Fridayジャンケン大会」では、有名アングラーが提供したアイテムがゲットできる。18、19日は、テレビでおなじみのさかなクンを招いてトークショーを開催する。11代目のアングラーズアイドルを選ぶ最終選考会は、19日12時から。

 家族連れには、リアルフィッシングワールドがお勧め。ニジマス釣り体験(小・中学生、女性のみ可)やホンモロコ釣り、でか金魚釣り、金魚すくいができる。このほか、オリジナルグッズ販売コーナーもある。

 開場時間は17日12~18時。18、19日は9時~17時。入場料は当日1500円、前売りは1300円(ともに税込み)。横浜高速鉄道みなとみらい線みなとみらい駅から徒歩5分。詳細はHP(https://www.tsurifest.com/)。

ライフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請