バドミントン桃田が帰国…帽子に薄い青のサングラスとマスク姿

遠征先のマレーシアで事故に遭いケガをした桃田賢斗が帰国した (カメラ・竜田  卓)
遠征先のマレーシアで事故に遭いケガをした桃田賢斗が帰国した (カメラ・竜田  卓)
帰国した桃田賢斗(カメラ・竜田  卓)
帰国した桃田賢斗(カメラ・竜田  卓)

 マレーシア遠征中の交通事故で負傷した男子シングルス世界ランク1位の桃田賢斗(25)=NTT東日本=が15日、帰国した。桃田はこの日午前にクアラルンプールを出発。成田空港の到着ゲートに姿を現した桃田は、出発時と同じく、帽子に薄い青のサングラスにマスクを着用した姿だった。しっかりとした足取りで歩き、メディアへの応対はせず、出迎えた関係者と握手を交わした。

 桃田はクアラルンプールで12日まで行われていたマレーシア・マスターズに出場し、男子シングルスで優勝。13日未明、桃田、平山優サポートコーチ、森本哲史(あきふみ)トレーナーの日本人3人と運転手ら計5人を乗せたワゴン車が、クアラルンプール空港に向け高速道路を移動中に大型トラックと衝突した。日本協会の発表によると、桃田は顎部裂傷、眉間部裂傷、唇裂傷、全身打撲。平山氏は右脛裂傷、歯の損傷、全身打撲。森本氏は、右前腕骨折、脳しんとう、全身打撲を負った。運転手は死亡した。病院ではマレーシア首相夫人から見舞いを受けた。

 帰国後にはMRI(磁気共鳴画像)などの精密検査を受けて治療に専念する予定だ。大会復帰について、日本代表の朴柱奉監督は「治療の経過を見ていく事が前提ではあるが、体と心が安定すれば、今から8週間後の3月に行われる全英オープンを目標に準備をしていく予定です」と説明している。

遠征先のマレーシアで事故に遭いケガをした桃田賢斗が帰国した (カメラ・竜田  卓)
帰国した桃田賢斗(カメラ・竜田  卓)
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請