横綱共倒れ 2人時代では97年以来の同日金星配給

鶴竜(右)に強烈な右のど輪をかます北勝富士
鶴竜(右)に強烈な右のど輪をかます北勝富士
鶴竜を破った北勝富士は支度部屋で意気揚々と着替える(カメラ・森田 俊弥)
鶴竜を破った北勝富士は支度部屋で意気揚々と着替える(カメラ・森田 俊弥)

 両横綱がともに敗れる波乱が起きた。北勝富士は鶴竜を押し出して自身7個目の金星を獲得した。場所前の6日には会社員の真美さん(31)と東京・墨田区役所に婚姻届を提出。初Vに向けて新婚パワーで1横綱2大関をなぎ倒し、無傷の3連勝だ。白鵬も結びで妙義龍に突き落とされた。2横綱時代で同日に金星を与えるのは1997年名古屋場所3日目の貴乃花、曙以来の屈辱だ。2横綱1大関を破った幕内・遠藤、新関脇の朝乃山らも無敗を守った。

 勢いが違った。鶴竜を押し出すと、伸ばした右手で余韻をかみしめた。立ち合いで押し込まれるも、しぶとい右のど輪で応戦し、「効いたから、嫌がってくれた」と横綱が引いた。「そこしかなかった」と一瞬の好機を見逃さなかった。

 自身7個目の金星奪取に、「難しい横綱だと思っている。自分のスタイル(押し相撲)的に勝てたのはうれしい」と喜びの表情。初日から豪栄道、貴景勝と大関を連破しており、これで1横綱2大関撃破の3連勝。「倒したことない人は(番付が)上の人にいないので、簡単に言えば、全部合わせれば優勝できる」と理路整然と語った。

 新婚パワーで突っ走る。昨年の秋場所直前、共通の趣味である劇団四季のミュージカル「ライオンキング」を観賞した際に真美さんにプロポーズ。4年1か月の交際を経て、今月6日に墨田区役所で婚姻届を提出した。「記念日だし、大安を選んだ。2020年だし数えやすい」。4日には「アラジン」で観賞初め。初場所後には新居で新婚生活を始め、6月に挙式予定だ。公私ともにノッている27歳は「夏場所までしっかり勝って、三役に戻って式を挙げたい」と力を込めた。

 先場所は負け越し、2度目の小結から陥落。17年夏場所3日目、自身初の横綱戦で初金星を挙げた相手からの再奪取も、「いつまでも金星取ってる場合じゃない。三役定着しないと」と、かぶとの緒を締める。生涯の伴侶と新たに歩み始めた2020年。初優勝も夢じゃない。(竹内 夏紀)

取組結果
鶴竜(右)に強烈な右のど輪をかます北勝富士
鶴竜を破った北勝富士は支度部屋で意気揚々と着替える(カメラ・森田 俊弥)
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請