大荒れの初場所 3日目は両横綱が金星配給 白鵬は平幕に2連敗

遠藤(右)が豪栄道を突き落としで破る(カメラ・森田 俊弥)
遠藤(右)が豪栄道を突き落としで破る(カメラ・森田 俊弥)

◆大相撲初場所3日目(14日・両国国技館)

 初場所3日目は、両横綱が敗れる波乱の展開となった。初日黒星の横綱・鶴竜(陸奥)は、東前頭2枚目・北勝富士(八角)に押し出しで敗れて2敗目。「圧力がない。力が伝わってないのが自分で分かる」と、反省ばかりが口をついた。

 続く結びの一番でも、横綱・白鵬(宮城野)が西前頭筆頭・妙義龍(境川)に突き落としで敗れ2日連続の金星配給。3日目にして、両横綱がすでに2敗となった。カド番大関・豪栄道(境川)は東前頭筆頭・遠藤(追手風)に突き落とされ初日から3連敗。「立ち合いは悪くないけど、その後の流れが」と、波に乗ることができない。

 一方、三役以上で唯一無敗を守る新関脇・朝乃山(高砂)は、隠岐の海(八角)を寄り切って3連勝。成績次第では今場所大関取りの可能性があるが、荒れる初場所でもその力を発揮している。大関・貴景勝(千賀ノ浦)は、新小結の大栄翔(追手風)を押し出して2勝目を挙げた。

取組結果

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請