ジャッキーちゃん、ジャッキー・チェン日本語吹き替え声優のギネス記録を本家さながらに祝福

スポーツ報知
ジャッキーちゃん

 ものまねタレントのジャッキーちゃん(45)が14日、都内で行われたジャッキー・チェン(65)主演の映画「ナイト・オブ・シャドー 魔法拳」(17日公開)のイベントに出席した。同作でジャッキーの日本語吹き替えを担当する声優の石丸博也(78)が同じ声優による同一俳優への吹き替え映画の最多数(75作品)でギネス世界記録に認定。イベントを欠席した石丸とジャッキーに変わり、ジャッキーちゃんが喜びを爆発させた。

 黄色の衣装に大きな筆。同作の世界観からそのまま飛び出したかのようなジャッキーちゃんは、筆を大きく回し、アクションを披露。体調不良のため欠席した石丸の快挙について「石丸ジャッキーがギネスを取ったのは感慨深い。お体ご自愛ください」と、本家さながらの声と見た目で祝福した。

 石丸も音声メッセージで「ジャッキーさんが命を懸けて作品を作り上げたおかげ。サンキュー ジャッキー!」と流れた。ジャッキーも祝福コメントを寄せ「日本の皆さんには私より石丸さんの声がなじみ深いでしょう。石丸さんに幸運が訪れることと『―魔法拳』が日本でヒットすることを願っています」と、司会者が代読した。

 石丸をギネス達成へと導いた同作は、中国の怪異短編集「聊斎志異(りょうさいしい)」の作者・蒲松齢(ホ・ショウレイ)をモデルにした文豪妖怪ハンター(ジャッキー)と妖怪たちの闘いを描く。ジャッキーちゃんは「ジャッキー映画にしては珍しくファンタジー。かわいい妖怪とジャッキーの絡みが面白く、ジャッキー映画にあまりない作品」と語った。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×