【広島】佐々岡監督、ドラ1森下に「センス感じた」

スポーツ報知
キャッチボールを行うドラフト1位の森下

 広島の佐々岡真司監督(52)が13日、広島・廿日市市内の大野練習場で行われている新人合同自主トレを初視察。即戦力として期待するドラフト1位・森下暢仁投手(22)=明大=の動きに「期待、楽しみが一段と増した」と表情を緩めた。

 室内での体幹トレ、キャッチボール、守備練習をこなし、約140メートルの距離の坂道ダッシュでは先頭でゴールして涼しい表情を浮かべた森下。その姿に指揮官は「ノック、走る姿を見ても本当にセンスを感じた」と目を細め、キャッチボールをするフォームについても「しっかりと上半身、下半身のバランスが整っていて投げ方も素晴らしい」と高い評価を与えた。

 首脳陣の熱い視線に「期待されている分、それ以上の結果を出して応えたい。もっともっとアピールしていかないといけない」と気を引き締めた背番号18。自主トレ中のブルペン入りについては未定だが、指揮官は「オーバーペースにならないよう、けがのないよう2月1日(からのキャンプ)に入ってくれたら」と気遣った。(坂口 愛澄)

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×