【オリックス】増井、守護神奪還&200セーブ宣言

自主トレを公開した増井
自主トレを公開した増井

 オリックスの増井浩俊投手(35)が「守護神奪還」と今季中の「通算200セーブ達成」を宣言した。年男の右腕は13日、大阪・舞洲の球団施設で自主トレを公開。「開幕からクローザーに戻り、シーズン終了時に200セーブを達成しているのが一番いいイメージ」と理想の一年を思い描いた。

 ランニングやネットスローで汗を流したプロ11年目は「しっかりやれていますよ」と笑顔。昨季は自己ワーストの防御率4・83、7月以降は“定位置”を剥奪され18セーブにとどまった。西村監督は今季のクローザーにディクソンを指名しているが、通算163セーブの実績と誇りから反攻に燃えている。「まずは開幕1軍で、1年間1軍にいられるように」。こだわりのポジションを奪い返し、残り「37」に迫る大台到達を目指す。

野球

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請