馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  東京 京都 小倉

【フェアリーS】名牝ダイワスカーレットの娘ダイワクンナナは13着 北村宏「エキサイトしていた」

◆第36回フェアリーS・G3(1月13日、中山競馬場・芝1600メートル=良)

 今年最初の3歳牝馬重賞は16頭によって争われ、柴田大知騎手が騎乗した3番人気のスマイルカナ(美浦・高橋祥泰厩舎、父ディープインパクト)が好スタートから逃げ切り、重賞初制覇を決めた。勝ち時計は1分34秒0。

 2着は直線で外から伸びた7番人気のチェーンオブラブ(石橋脩騎手)が入り、3着には5番人気のポレンティア(池添謙一騎手)が続いた。1番人気のアヌラーダプラ(クリストフ・ルメール騎手)は6着に終わった。

 野中騎手(セイウンヴィーナス=9着)「マイルは忙しいです。自己条件に戻って、東京の1800から2000メートルなら勝負になる」

 横山和騎手(メイプルプレゼント=10着)「しまいは脚を使っている。自己条件ならやれる」

 ミナリク騎手(ハローキャンディ=12着)「一生懸命走ってくれた」

 北村宏騎手(ダイワクンナナ=13着)「パドックや返し馬でエキサイトしていた。ペースを考えれば、もう少し頑張ってもらわないと」

 吉田隼騎手(ペコリーノロマーノ=14着)「終始もたれていた。真ん中の枠でレースをしたことが次につながる」

競馬

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請