松浦悠士、一気のまくりで今年の初戦V…和歌山グランプリ決勝

 和歌山競輪の開設70周年記念「和歌山グランプリ」決勝が13日に、第12レースで争われた。松浦悠士(29)=広島・98期=が、最終バック7番手から一気のまくり。今年の初戦を優勝で飾った。2着は追走した渡部哲男。3着には大槻寛徳が入った。

 松浦「後ろからだったし、早めに動くつもりだった。前が踏み合いになって、展開も良かった。S級S班として、内容と結果を残せたかなと思う。また年末のグランプリへ向けて頑張っていきたいです」

ギャンブル

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請