飯島直子、内気少女からヤンキーに一変の中学時代

飯島直子
飯島直子

 女優の飯島直子(51)が12日放送の日本テレビ系「誰だって波瀾爆笑」(日曜・前9時55分)に出演。神奈川県育ちの内気少女が年ごとに一変したこれまでが紹介された。

 亭主関白な父のもと、厳しい家庭で育ったという飯島。幼い頃は物静かな性格で、人前で大きな声を出して発言することが苦手だったという。

 そんな飯島だが、中学生になると見た目が一変。トイレでヤンキー座りをする写真が紹介されると、スタジオのメンバーも驚がく。当時通っていた中学はかなり荒れており、窓ガラスがいつも割られるため冬でも窓ガラスが取り外され、極寒の中生活していたことを明かした。

 そんな中学時代について「内気な性格が嫌でそういう性格を辞めるにはこういう方法しかなかったんでしょうね(笑)」と振り返った。

 高校卒業後にモデルデビューを果たすと、“ソバージュヘアー”と“極太まゆげ”でカネボウ水着キャンペーンガールのグランプリを獲得。26歳の時には、元祖「癒やし系女優」として人気を集め、関わった日本コカ・コーラの缶コーヒー「ジョージア」のキャンペーンでは、景品「がんばってコート」の応募総数が4400万通を超えてギネス認定の世界記録を打ち立てた。

 そんな飯島がモデルを目指す前に夢見ていた職業は美容師。小学4年生くらいの時から母の美容院を手伝っていたこともあり、自信があったそうだが、実際は美容師の研修で周りに比べて何もできないことを実感し挫折。美容師を目指すことをあきらめ、1メートル66センチという長身を生かしてモデルを目指すことになったという。

 さらに、上から86・60・85と自身のスリーサイズが紹介されると「ウエストは最初からウソです。本当は66くらい」と告白。「当時、ウエスト58というプロフィルが(周囲に)多かった。それにちなんで“60くらいにしておこうか”って」とサバ読みしていたことを明かした。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請