レイズ・筒香が球数制限に提言「球数制限することがゴールではない」、「誰かまた手を挙げて野球界のためにやってほしい」

子供たちと守備練習をする筒香嘉智(左)
子供たちと守備練習をする筒香嘉智(左)

 DeNAからポスティングシステムで米大リーグのレイズへの移籍が決まった筒香嘉智外野手(28)が12日、自身がスーパーバイザーを務める「堺ビッグボーイズ」の小中学生約190人と交流した。

 約3時間、練習でアドバイスを送ったり、打撃をみせたりして約190人の子供たちと交流した筒香。これまでも球界がよりよい方向に進むために、問題点や改善点を何度も訴えてきたとあって、小中学生への思いも人一倍だ。練習終了後の囲み取材では、「まずちょっと、僕の方から子供たちのことで思っていることを軽くしゃべらさせていただきたいなと。いいですか?」と切り出して、約2分間持論を語った。

 「今、僕は数年前から子供たちのことをいろいろ提言をしたり、話をさせていただいてますけど、この堺ビッグボーイズのスーパーバイザーにならせていただいて、やっぱり正しい教育、正しい指導が出来れば子供たちがこんなに集まってきていますし、まだまだ子供たちに野球をやってほしい親御さんはいると思います。今はいろんなことが問題になっていますけど、球数制限のこともいろいろ議論されていますけど、球数制限をやれば全ていいものではないですし、球数制限することがゴールではない。やっぱり正しいことを、大人が子供たちを守るために考えてやってほしいなというのは改めて思います。あとは僕はプロ野球選手としてやらせていただく中で、一人の日本人の野球人として、日本や球界がもっともっとよくなってほしいという思いでやらせていただいてますし、ほかのプロ野球選手が誰かまた手を挙げて野球界のためにやってほしいというのがすごくあります。以上です」

 今春からは、高野連主催大会期間中の1週間で1人の投手の投球総数を500球以内とする球数制限が導入される。だが、筒香は「プロ野球選手は先発ピッチャーが1週間に投げるのはだいたい100球前後で多くても130球くらい。中継ぎでも1週間で100球いったらけっこう投げてる登板数だなというかんじなので。(高野連が)ルールを作ったから前進とはよく言われますけど、ただ作ったらいいのではなくて、子供たちの成長の過程の中で真剣にルールを考えないといけないですし、その球数制限ができたことがよかったとよく報道されますけど、僕はそれは違うんじゃないかなと思います」とまだまだ議論の余地が残されていることを訴えた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請