青学大、25日に練習拠点の相模原市でVパレード

総合優勝を決め、選手と喜び合う青学大・原晋監督(中)
総合優勝を決め、選手と喜び合う青学大・原晋監督(中)

 第96回箱根駅伝(2、3日)で2年ぶり5度目の優勝を飾った青学大が、25日に練習拠点とする相模原市のキャンパス最寄りのJR淵野辺駅商店街で優勝パレードを行うことが11日、分かった。「やっぱり大作戦」を掲げ、大会史上最速の10時間45分23秒で王座奪還。原晋監督(52)は「やっぱり青学大は強かった、と地元の皆さんに言ってもらえればうれしい」と、笑顔で話した。

 華やかな話題の裏では第97回大会に向けて地道にスタート。7日に新チームが始動し、9区区間賞の神林勇太(3年)が新主将に就任した。12日には箱根メンバーから外れた選手が栃木・高根沢町で行われる高根沢町元気あっぷハーフマラソンに参戦する。東京五輪マラソン代表の中村匠吾(27)=富士通=も出場。指揮官は「せっかくのチャンスなので中村君に食らいついてほしい」と、期待した。(竹内 達朗)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請