山口真帆、女優デビュー決定 パワハラ描く連ドラに出演「いろんな人への勇気につながると嬉しい」

山口真帆
山口真帆

 元NGT48で女優の山口真帆(24)が、女優・清野菜名(25)と俳優・横浜流星(23)がダブル主演する日本テレビ系連続ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」(12日スタート、後10時半)で女優デビューすることが11日、発表された。

 同作は読売テレビが制作を担当するオリジナルドラマで、パワハラや組織の不正など、うやむやに終わったグレーな問題に白黒つける「パンダ&飼育員」コンビの活躍を描く。山口は第1話にゲスト出演する。ドラマ初出演、女優デビュー作が決まり「初めてドラマに出演させていただくこととなり、本当に嬉しいです。ストーリーがすごく面白い作品で、第一話にゲストで出演できるのは、すごく光栄です」と背筋を伸ばした。

 演じるのは、セクハラ・パワハラが横行するIT会社勤務の女性。いきなり難役に挑戦したが「私が演じた役は、色々悩みながら、追い詰められたり、悲しい思いもするけれど、強く生きていく女性で、難しい役どころでしたが、自分だったらどうしたか、自分も演じた女性のように強く生きることへ憧れる部分もあったので、いろんな人への勇気につながると嬉しいです」と、自分に置き換えて演じ抜いた。

 山口は昨年5月にNGT48を卒業。同月に芸能プロ「研音」に移籍し、女優を目指してレッスンを積んでいた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請