内田也哉子さんと本木雅弘の長男・UTA、テレビ初出演で「父は緊張感のある人で…」

スポーツ報知
内田也哉子さん

 2018年9月に亡くなった女優・樹木希林さん(享年75)の長女でエッセイストの内田也哉子さん(43)が、10日放送のTBS系「ぴったんこカン・カンスペシャル」(金曜・後7時)に出演。モデルの長男・UTAもテレビ番組初出演を果たした。

 現在、そごう横浜店で開催中の樹木さんの特別展を安住紳一郎アナウンサー(46)と訪問。生前、「全身がん」を公表していた樹木さんについて、「何か主演女優賞とかもらって、自分の負のところも探して、『私、全身がんなんです』とか言ってしまう。そういう人でした」と亡き母を振り返った内田さん。また、物は持たない主義だった樹木さんが唯一集めていたのが着物で、50着以上ある中には質屋で1万円で手に入れた、実際には1000万円はする金で織った帯もあったと明かした。

 「実は今日、長男が来ています」と内田さんが紹介すると、190センチの長身を紫のスーツで包んだ内田さんと俳優・本木雅弘(54)の長男・UTAが登場。「学生をしながら、モデルの仕事もさせていただいてます」と自己紹介。樹木さんとの思い出も「初めての留学先のスイスにもついてきて引率してくれて」と話した。

 また、父・本木については「緊張感のある人で…。祖母といた方が楽でした。ルーズな人だったので」とUTA。「友達にも『UTAのおとうさん、めっちゃ怖い。マフィアの人なの?』と言われました」と明かし、内田さんも「くつろげない家庭だからね」と苦笑いしていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×