佐野史郎、コルセットでドラマ撮影…「ガキ使」腰椎骨折事故後初の公の場

会見に登場した(左から)渡部篤郎、佐野史郎、仲間由紀恵、名取裕子、向井理、松村北斗、仲里依紗
会見に登場した(左から)渡部篤郎、佐野史郎、仲間由紀恵、名取裕子、向井理、松村北斗、仲里依紗

 俳優・向井理(37)主演のフジテレビ系ドラマ「10の秘密」(14日スタート、火曜・後9時)の制作発表会見が9日、都内で行われた。昨年11月上旬に日テレ系バラエティー「ガキの使いやあらへんで!大晦日スペシャル」の収録中に、第三腰椎を骨折した俳優・佐野史郎(64)にとって事故後初の公の場となった。

 向井演じるシングルファーザーの14歳の娘が誘拐されることで、様々な秘密が明らかになるミステリー。佐野は建設会社の社長役を務めている。

 ドラマタイトルにちなみ、人に言えない秘密を問われると、佐野は「カツラじゃないですよ」と笑わせ、「諸事情がありまして昨年11月に骨折事故をしまして、(このドラマの撮影では)コルセットをしていた。つけたまま撮影をしたけれど(完パケを見ても)分からなかった。なので内緒にしておいてください」とちゃめっ気たっぷりに現状を語った。

 今年の目標を問われ向井が「健康第一です。不祥事を起こさないように…。僕も被害者ですから」とNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」での共演者で、麻薬取締法違反で逮捕、降板した沢尻エリカ被告(33)を意識したコメントでざわつかせると、佐野は「私も健康第一です。骨折事故で多くの皆さんにご迷惑をおかけしましたから」と神妙な表情。「リハビリを真面目にやっています。インナーマッスルを(鍛えて)、筋肉の大事さが分かりました」と話していた。

 ◆仲里依紗、家ではノーパン

 向井演じる主人公と兄弟のように親しく付き合う保育士役の女優・仲里依紗(30)も秘密を告白。「家ではパンツ履いていないです。ノーパンです」とぶっちゃけ。向井は驚き、仲間由紀恵(40)も「言っちゃっていいの~?」と話した。それでも仲は「他に(明かせる)秘密がないんで。健康法ですよ。ノーパンです」と“ノーパン”を連呼。また名取裕子(62)は「今年はきれいなメダカを繁殖させたい。(飼育してから)4年目なので…」と明かしていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請