【日本ハム】ドラ4鈴木健、愛用の度付きサングラスでファンに「覚えてもらえるかな」

相棒の度付きサングラスをかけ坂道をダッシュする鈴木健
相棒の度付きサングラスをかけ坂道をダッシュする鈴木健

 日本ハムのドラフト4位・鈴木健矢投手(22)=JX―ENEOS=は、愛用のサングラスをアピールした。

 鈴木健が、度付きサングラスを手にアピールした。「めがねをかけてるってだけで(ファンの方に)覚えてもらえるかなと思う。(愛称は)募集中です」。新人合同自主トレ2日目。屋外、屋内関わらず全天候で愛用できるオークリー社製の“相棒”がトレードマークだ。これまで0・3の視力をカバーするためコンタクトレンズを愛用していたが、19年8月から度付きサングラスを使い始めた。

 最大の長所は目が疲れないこと。ナイターでは捕手のサインが見えにくかったが、これも改善。球界ではサングラスをかけた投手として中日・山井や、元ロッテの小宮山(現早大監督)が有名。即戦力の横手右腕は「独特な軌道や、まっすぐの強さを見てほしいです」と相棒と共に1軍での活躍を誓った。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請