高須院長、がん治療を“実況中継”「麻酔から覚醒。気持ちいいんだぜ」

インスタグラムより@katsuyatakasu
インスタグラムより@katsuyatakasu

 一昨年に全身がんであることを公表した高須クリニックの高須克弥院長(74)が9日、がん治療を受けた。その模様は自身のツイッターやインスタグラムで、関係者が代理投稿する形で“実況中継”された。

 高須院長のツイッターでは午前10時48分に「癌治療セッティングなう」と動画入りでツイート。午後1時59分には「癌治療の最中、麻酔から覚めたら、テレビの取材。テレ朝5時半からのニュースだってさ」と携帯電話を手に、電話取材を受ける様子の写真が投稿された。そして午後2時59分に「生還なう」とツイートされた。

 またインスタグラムには「麻酔から覚醒。気持ちいいんだぜ」とベッドに横たわる写真が投稿されていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請