【巨人】鍬原、菅野の制球力学んだ…強い直球を投げると「いいね」と褒め言葉も

菅野(手前)とキャッチボールをする鍬原
菅野(手前)とキャッチボールをする鍬原

 巨人の鍬原拓也投手(23)が、エースのすごみを実感した。昨年11月の秋季キャンプでサイドスローに転向。現在は菅野のハワイ自主トレに宮国、中川、直江と参加していて、この日は菅野とキャッチボールをして制球力と球の強さを学んだ。

 「菅野さんとやらせていただいて、キャッチボールの大切さをあらためて感じました。これが超一流選手のキャッチボールなのかと」

 投球後には、スライダーのコツを自ら質問。「長く持つ」と、なるべく打者寄りでリリースするよう助言された。そのためには指先や腕の振りに頼って曲げようとせず、下半身主導で投げることが大切と教わった。

 指にかかった強い直球を投げると「いいね」と褒め言葉ももらった。最大の武器は150キロ以上の速球で「強い球を投げられるように」と奮闘中。先発争い生き残りへ「チーム菅野」でレベルアップを図る。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 バックナンバー申し込み 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請