【G大阪】遠藤が残留決断、35年目カズとの対戦心待ち「Jリーグ全体も盛り上がる」

スポーツ報知
カズとの対戦を心待ちにしたG大阪MF遠藤

 G大阪の元日本代表MF遠藤保仁(39)が、横浜C・FWカズとの対戦を心待ちにした。8日、チームは大阪府吹田市内で始動。40歳を迎える今季、契約を延長してG大阪での20年目を迎えることになった司令塔は、99、2000年に京都でカズとチームメートとしてプレー。「影響力のある人と戦えるのは喜びですし、Jリーグ全体も盛り上がると思う」と話した。

 現在、J1出場数は630試合と、元日本代表GK楢崎氏の持つ最多記録631試合の更新は目前。今オフは他クラブへ移籍の可能性もあったが、G大阪で戦う決断を下し「今年もけがなく、チームに貢献したいと思います。競争しながら、楽しみながら」と静かに闘志を燃やしていた。

サッカー

×