【札幌】来季加入内定のGK中野に英才教育…正GK具聖潤は兵役で今季限り退団が確実

来季の札幌加入が内定している法大GK中野(左)。右は同大の長山監督
来季の札幌加入が内定している法大GK中野(左)。右は同大の長山監督

 J1北海道コンサドーレ札幌が、来季(21年)加入が内定している法大GK中野小次郎(3年)に英才教育を施す。昨年10月に仮契約を結んだ中野について、三上大勝GM(48)は「出来うる限り、札幌の練習に参加させていきたいと考えている。まずは2月の沖縄キャンプに呼ぶ方向でいる」と、8日までに方針を示した。

 将来を見越した措置になる。昨季まで正守護神を務め、今季も最有力候補の韓国代表GK具聖潤(25)は、母国の兵役のため、今季限りで退団することが確実。三上GMは「聖潤の後釜として育てていきたいという意向から、早期の獲得に至った」と経緯を話した。身長2メートルの超大型守護神・中野に、プロ入り前から多くの経験を積ませるべく、今月内に公式戦出場が可能となる特別指定選手として登録。2月3日スタートの沖縄キャンプで先輩たちと切磋琢磨させ、レベルアップの機会とする。

 仮契約前、中野は3日間、札幌の練習に参加した。短期間ではあったが、クラブが「高さはもちろん、左足の技術も高い。伸びしろも十分にある」と素質にほれ込み、即、オファーを出したほどの逸材。選手26人で11日に始動する今季、27番目の戦力に、小次郎がその名を連ねる。(砂田 秀人)

 ◆中野 小次郎(なかの・こじろう)1999年3月5日、徳島県生まれ。徳島U―15から同U―18を経て、法大へ進学。17年にU―18、翌年にU―19で日本代表に選出されている。法大経済学部に在学中で現在3年生。身長200センチ、体重90キロ。左利き。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請