稽古場でケンカの石浦ら 9日に処分決定へ

スポーツ報知
4日、三番稽古で熱くなった石浦(中央)と宝香鵬(左)を仲裁する白鵬

  大相撲の幕内・石浦(29)と幕下・宝香鵬(30)=共に宮城野=が、4日の稽古中に拳で殴り合うなどのケンカをしたことについて、日本相撲協会は8日、9日の緊急理事会で処分を決定すると発表した。

 協会関係者によると、当該力士や師匠・宮城野親方(元幕内・竹葉山)ら部屋関係者に対する聞き取り調査は既に終了しており、9日の午前中にコンプライアンス委員会で処分案を審議。答申を受けた理事会で、最終的な処分が決定する。芝田山広報部長(元横綱・大乃国)は「(処分が)どの程度のものなのか。相撲を取らせていいのか悪いのか。処分の内容によってはそういうのもたくさん出てくる。コンプライアンス委員会の話し合いの中で(処分案を)決めてあげてくる。それを理事会で審議していく」と話した。

 石浦は、7日に東京・墨田区の部屋で取材に応じ、稽古中に殴り合いのけんか騒動を起こした件について、「自覚が足りなかった。互いに熱くなった時に、番付が上の自分が口頭で対応できず情けない」と反省の弁を述べていた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請
×