【ソフトバンク】松田宣 超過酷なグアム自主トレへ出発 門下生に「いったろかな」

グアム出発前に手を振るソフトバンク・松田宣(左は牧原、中央は水谷)
グアム出発前に手を振るソフトバンク・松田宣(左は牧原、中央は水谷)

 ソフトバンク・松田宣浩内野手(36)が8日、自主トレ先のグアムへ福岡空港から出発した。同僚の牧原、水谷が同行するだけでなく、今回はオリックス・頓宮やDeNA・宮崎、佐野ら計8人の大所帯。厳しいメニューは恒例となっており「これだけキツいぞ、というのを見せつけてやろうかな。ケガのリスクは考えながら、でも『いったろうかな』と思ってます」と門下生たちに予告した。

 昨年まで5年連続で全試合出場を続けており「まず走って、体を鍛えて、というのがグアム。スポーツ選手として、丈夫な体というのは大事なので」と意欲十分。5月に37歳を迎える熱男は「王会長も言ってたように、2020年をいい1年にしたい」と元気いっぱいだった。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請